レンタルの着物で綺麗に座る座り方知っていますか?


「着物をレンタルするけど座った時にせっかく綺麗にしてくれていたのが崩れたらつらい」
「着物を着たまま綺麗に座ることってできるのかなあ」とお考えの方はいませんか?
憧れの着物をレンタルして観光している時に疲れて座ったものの綺麗な形が崩れてしまったということは避けたいですよね。
そこで今回は着物で着崩れしないための綺麗な座り方を説明します。

□どうやって座ればいいの?

まずは着物を着ている人全ての行動における心構えがありますので紹介します。

*心構えのいろは

「い」はいつもよりゆっくり優雅に行動することです。
着物だといつもと同じ行動をいつものようにすることはできません。
慌てずに一呼吸おいてからの行動を心がけましょう。
「ろ」はロングな袖は畳んでまとめることです。
座ったり、屈んだりするときは長い袂が地面に付かないようにしましょう。
最後に「は」は片手で持てるハンドバッグに荷物をまとめることです。
両手が塞がってしまうといざという時に手が使えませんので、片手はいつでも動かせるように身軽にしてきましょう。

*正座をする時

和室だと正座をする必要がありますよね。
その時に着物だと変な座り方をすると目立ちますし着物が崩れてしまいます。
それを防ぐためにも事前に綺麗な座り方を知っておきましょう。
まず、右足を少し後ろに引いて右手で上前を多少引っ張ります。
次に上前の太もも辺りを軽めに左手で押し当て、右手で上前をなでおろしながら腰を落として膝をつけると綺麗に正座をすることができます。
この時に一番注意して頂きたいことは上前が開いてしまわないようにすることが挙げられます。
洋服に例えると下着が見えてしまっているのと一緒で上前を抑えながらの正座を意識してください。

*椅子に座る時

食事の際には着物で椅子に座る場面も多くあると思いますので座り方を紹介します。
基本的な流れとしては右手で上前を少し引き上げて椅子の左から座ることが一般的です。
着物でいつものような足運びはできませんので、左から右足を椅子の前に出して左足もきっちり揃えてから座ると良いでしょう。
この際の注意点としては椅子に座った後は足を開いたり、足をぶらぶらさせるなどの行為はやめましょう。
椅子には浅めに腰掛け、足は閉じて上品に座ることが望まれます。

他にも車の乗り降りやお手洗い、電車で手を伸ばす時など着物を着ると普段では考えなくてもいいことを考える必要がありますので、必要ならば調べてみてください。

□終わりに

今回は着物を着たまま綺麗に座る方法を詳しく紹介しました。
着物を上品に着こなしてより良い旅にしましょう。