着物をレンタルする人必見!小物でさらに魅力アップ


「着物を着る時にどういった小物をどのように合わせばいいかわからない」
「着物に合うレンタルできる小物って何があるの」とお考えの方はいませんか。
着物に合う小物として思いつくものと言えば扇子やバッグですよね。
それ以外にも実は意外とたくさんあるのです。
そこで今回は着物と一緒に持ちたいおすすめ小物について紹介していきます。

□おすすめ小物

*帯締め

着物のコーディネートの仕上げとして引き締め役的な存在がこの帯締めです。
当店UmeSakuraは帯締めメーカーが母体となりスタートしました。 そして店主は帯締め創作家としてこの道30年のプロ中のプロ!

帯締めに手を抜く事は許されないポリシーを持っています。
同じ着物、同じ帯でも帯締め1つで雰囲気が変わる、たった1.5cmほどの幅の小物ですがその存在感と役割はとても大切なアイテムになります。そしてまた着物ツウな人ほど帯締めのオシャレにこだわります。

UmeSakuraで使用している帯締めは最も手間が掛かり最も高級とされる手組正絹の高麗組帯締めです。1本組上げるのに最低1日~2日の時間を要し熟練した職人のみが組める彩高品質のものになります。

出掛けた先々で京都の方々から声を掛けられるのはこの帯締めを見てレンタル着物では無いと思い褒めてくださるケースが多く、また一般的なレンタル着物では帯締めは省略または使っても浴衣に使う飾り紐を使用する程度なので違いは歴然です。

*伊達襟

伊達襟は別名重ね襟ともいって、着物の襟に直接重ねて何枚かの着物を重ね着しているように見せるもので、コツとしては帯の色に合わせてあげるとまとまって綺麗に見えます。
逆に花柄などの色あざやかなもので着物と半襟の間をはっきりと目立つようにすることで胸元を華やかにすることも可能です。

当店UmeSakuraでは卒業式の袴レンタルや振袖には華やかさを添えるために伊達襟を使用しています。

*足袋

足袋はおしゃれ着の場合、どのようなものでも大丈夫です。
例えばシンプルな白足袋なら清潔感を出すことができますし、色足袋ならば千鳥柄やベロア素材もあって季節や着物の柄にも合わすことができます。
他にもニット足袋があって、靴下に近く寒い冬には最適なのではないでしょうか。

*バッグ

バッグと着物をうまく合わせると和装姿が一段素敵に見えます。
格調高い着物にはやはり結婚式やセレモニーなどでも使うことができる上品なバッグを合わせると良いでしょう。
着物や帯の色とバッグの色味を合わせてあげると全身のコーディネートに統一感が出るのでおすすめです。
他にもカゴのバッグや巾着のバッグなど種類はたくさんあるので実際に合わせて考えるのも良いでしょう。

*ショール、ストール

寒い時期にはやはり羽織るものが必要になってきます。
この時に必ず押さえておきたいポイントは、羽織ると体の覆う面積が多いため安い素材ものよりも上質な素材のものであること、着物の地色あるいは柄の色の一色を使うと大人っぽい上品な着こなしができます。

□終わりに

今回は着物姿をより一層引き立てる小物について紹介しました。
レンタルできるかどうかはお店によって異なるのでぜひ事前に確認しておきましょう。