着物レンタルを考えている人必見!自分に似合う選び方について教えます!


「自分に似合う着物がわからない」
「自分の体型で好みの着物が綺麗に見えるのか心配」とお考えの方はいませんか?
着物にはたくさんの種類と色があってなかなか自分に似合うものを見つけることは大変ですよね。
そこで今回は自分に似合う着物を選ぶ際のポイントをご紹介します。

☆但しこれは一般論ですので最後にまとめていますが必ずこれが全てではありませんので。。。

□着物選びのポイント

洋服と同じように、着物にも似合う色や体型によって似合うかどうかというものが大体決まっています。

*体型

着物は体にぴったりフィットしますのでやはり自分の好きなものを第一優先にするというよりは体型に合わせた着物を選ぶことが好ましいでしょう。

・ふくよかな方

着痩せ効果が期待できるあまり膨張しない濃い色のようなダークカラーでスッキリ引き締まった印象を出せるものがいいでしょう。
また、柄は縦ラインの模様や、植物などの柄があるのなら縦方向に伸びているものが入っていればなお良しだと思います。
もし、濃いめの色がない場合は帯を濃い色にすることで全体が引き締まるはずです。
また、重ね衿にははっきりした色を選ぶことをおすすめします。

・細身の方

膨張色である淡めの色でふんわり見せましょう。
帯や小物に関しても同様です。
柄が大きく入っているとやや膨張して見えますがやりすぎは避けたほうが良いと思います。

・背が高い方

余白のある大きい柄のものにしてみるとよいでしょう。
普通なら帯を目立つ色にすると上と下の境界がはっきりしてバランスが悪くなりがちですが、背が高い方なら大丈夫です。
全体的にはシャープで大人っぽいものがおすすめです。

・小柄な方

柄物の着物なら小さな柄のものが良いでしょう。
また、縦ラインが入ってものや帯と着物の色を統一させることでより身長を高く見せることもできます。

・その他

全体的な体型以外の選び方も紹介します。
首が細くて長い方は髪を結んでうなじを見せるなど首元をすっきりさせると全体としてすっきり綺麗な印象になります。
胸とお尻が小さく、ウエストとあまり差がない方は絵柄のついたものをおすすめします。
着物は本来体の凹凸がない女性の方が美しくなるように設計されているため、柄がある着物ならバランスよく綺麗に見えます。

*肌の色

着物は洋服と同じで肌の色によっても選ぶことで顔の写りが良くなります。
黄色っぽい人は暖かな色、青色っぽい人は寒色系などの落ち着いた色がよく似合うでしょう。

□【結論】着たい着物を上手にコーディネートするのが1番です!

今回は一般的に言われている体型などでどのような着物が似合うのかということを紹介しました。

が、しかし!!

長年数千人に及ぶ色々なタイプの幅広い年齢層のお客様の着物をコーディネートし着付けしてきた経験から言えば、全てマニュアル通りでは無いという事です!!

似合う似合わないは正直ありますが、それが先に書いた一般論に全て当てはまるとは限りません。
当店では着物選びから帯や帯び締め、帯揚げに至るまで、全てお客様のお好みを聞きながら御一緒にお気に入りのコーディネートを完成させて行きます。 何を選んでも時短優先で良くお似合いですの一点張りの観光地に多く見られる安いレンタル店とは違いますので安心してお気に入りの着物選びをお楽しみ下さい。