雨が降っても着物レンタル!嵐山に行くなら和傘がおすすめ。


「この日は雨が降りそうだし、着物で観光するのは無理かな」
観光において気になるのが天気ですよね。
京都観光を考えている方にとっては、着物を着られるかどうかを左右する大事な要因だと思います。
しかし、雨が降っていても傘を差せば普通に着物で観光ができるのです。
今回は、雨が降っても着物を楽しめる和傘についてご紹介します。

 

□和傘とは

和傘には、番傘、蛇の目傘、端折傘(つまおれがさ)などの種類があり、日本の伝統的な傘です。
以前は、着物に合わせて日常的に用いられていました。
普通の傘の骨に対して和傘は何10本という骨を用いて作られています。
実は、和傘と洋傘では展開方式が違い、和傘は張って支えるのではなく、竹の力で骨と和紙を支えているので、このような違いが生まれます。
また、和傘は閉じたときに和紙が自動的に内側に織り込まれるのも特徴です。
和傘は防水性に優れていますが、手入れが大変、重いなどの理由から一般的に持っている人は少ないです。

 

□和傘の魅力

和傘はもともとは中国から入ってきたもので、一時は歌舞伎の小道具として使われたり、浮世絵の中に描かれたりしてきました。
また、現在でも和服の行事などの際は和傘が用いられます。
そのくらい、和傘は着物に合うもので雨の日の必需品だと言えます。
洋傘だと和服の良さが半減してしまうと言った場合には、和傘を差すことをおすすめします。

 

□和傘を差して行きたい京都のスポット

雨の日でも着物を楽しむために和傘が似合う場所に行きましょう。
おすすめのところは京都の神社やお寺です。
雨だと人も少ないので、思い切り写真を撮ったりできます。

*嵐山

嵐山の付近は、自然もたくさんあって雨に濡れた生き生きとした自然も感じる音ができます。
また、屋根になるような場所もあるのでカメラを濡らさずに写真を撮ることも可能です。

*祇園

祇園周辺は屋根がある道が続いているので、比較的濡れずに済みます。
また、ちょっといいご飯を食べたいという時や、抹茶スイーツを堪能したいという時もおすすめです。
花見小路の街並みで京都感を楽しむこともできます。

 

□まとめ

今回は、雨が降っていても京都観光を楽しめる和傘についてご紹介しました。
京都着物レンタルUmeSakuraでは、着物用の大きな和傘タイプの現代傘の貸し出しを行っておりますので、雨の日でも気兼ねなく観光を楽しんでいただけます。
お天気が心配な日の着物レンタルでも当店にお任せください。
お問い合わせお待ちしております。