着物の付け下げと訪問着の違いとは?レンタル屋さんがお答えします!


お正月には着物を着ている人達を普段以上に目にする事と思います。

でも・・・「着物のことってよくわからない」
若い世代の方には、和服に対して知識がないということで何となく遠ざかってしまっている方も多いのではないでしょうか。
しかし、せっかく日本で着物を着る機会に恵まれているのにもかかわらず、遠ざかってしまっているのはもったいないことです。
今回は、フォーマル着物にあたる付け下げと訪問着の違いやTPOに合わせた選び方をご紹介します。

 

□着物のTPO

洋服でも、お祝いの席ではちょっとフォーマルな格好をしますよね。
着物にも「格」といって、普段用と格式ある席の場合とで対応できるようにレベルが存在しているのです。
そんな着物の格の中でも、上の方にあたるのが「訪問着」と「付け下げ」です。
この二つは茶会や入学式などの式典、または七五三などの行事やパーティーで主に着られます。

 

□訪問着

*訪問着とは

訪問着は結婚式などのお呼ばれや、お見合い、目上の方の訪問など、正装や礼装とは異なり幅広く着られます。
留め袖、色留袖、振袖などに代わる略礼装として着られます。
格としては、色留袖の次にあたり、かなり高いと言えます。
デザインも、モダンな今風の柄から、伝統的な古典柄まで、色々選べるのが特徴です。
素材も縮緬や絽、紬地の訪問着もあるバラエティ豊富な着物です。
また、未婚や既婚の区別はありません。

*柄

胸から肩、袖、裾にかけて模様がつながるように染められている絵羽模様や、全体に柄が行きわたっているものがあります。

 

□付け下げ

*付け下げとは

付け下げも未婚、既婚関係なく着られ、着ていく場所も訪問着とは変わりませんが、格式の高い席には訪問着の方がおすすめです。

*柄

付け下げの柄の特徴としては、縫い目(前後の見頃や、見頃から袖にかけてなど)では柄がつながっていないという特徴があります。
これは、戦時中に華美な訪問着を禁止する目的で考えられた方法であり、反物の状態で絵付けを行うためにこのような柄行になります。
訪問着と比較した時の大きな特徴としては、デザインがシンプルであることが挙げられます。

 

□まとめ

今回は、着物の種類である付け下げと訪問着の違いについてご紹介しました。
TPOに合わせて着物を着ることができたら、お祝い事などの席でも着ていくことができます。
ぜひこの記事を参考に、着物の知識について学び、着物ライフを楽しんでくださいね。
当店、京都着物レンタルUmeSakuraでは普段着着物にあたる小紋のレンタルを行っております。
京都観光や、お出かけの際にキチンとした着物をお探しの方はぜひご利用ください。