着物レンタルで冬の京都観光って寒くない?


「今度、京都観光に行く時着物を着たいなあ。でも、寒いのかな」
このように考えている方もいるのではないでしょうか。
そこで今回は、冬の着物レンタルについてご紹介します。

□冬の着物

着物にはまず、TPOがあります。
一般的に観光や散策、チョットしたお出掛けに着る小紋の着物にも洋服と同じように季節や場所によって種類や柄を意識することです。
季節に合わせて着物を変えることは、寒暖差のためでもあり、日本が昔から大切にしている文化でもあるのです。
そのため、夏は涼し気な生地、柄を、冬は暖かみのあるものを、小物や帯と合わせながら楽しむのです。

□冬の着物の生地

冬の着物は10月から5月にかけて長く着ることができます。
袷(あわせ)という裏地のある着物で他の着物に比べてしっかりとした作りで暖かみを感じられるようになっています。
袷でも、表面にしぼみのある縮緬はかわいらしく暖かさを演出でき、紬は重厚感のあるきちんとした佇まいになります。
最高に暖かいのはウールの生地の着物です。 一般的に秋~春までの期間にレンタルされている着物は化繊の袷着物になります。

 

□京都観光におすすめスタイル

着物の楽しさは、やはり小物や帯とのコーディネートを楽しめるところにあります。
着物で京都観光、やはりレンタル感丸出しの派手な色柄使いの着物よりも京都らしいレンタルに見えない上品な装いが素敵ですよね。
冬には羽織を合わせて着物との色の掛け合わせを楽しむなど、この時期ならではの着物の楽しさも味わえます。

 

□防寒のコツ

着物は比較的暖かいという感じるかたも沢山いますが、やはり冬なので防寒対策は必要です。
目に見えないところに着こんでも意外と分からないのでしっかりと防寒対策をしましょう。
特に、足首、手首など首と名前のつくところを温めれば体感温度は全然違います。
マフラー、ヒートテック、レギンス、レッグウォーマーを活用しましょう。
そして、案外おすすめな腹巻なんかもいいですね。
着物にはくびれは必要ないので、気にせずにしっかりとお腹を温めてくださいね。
特に女性の場合は冷えやすいので気を付けてください。

 

□まとめ

今回は、冬の着物についてご紹介しました。
冬の京都は趣があって着物がとてもよく似合うので、ぜひ寒い日でも勇気を出して着てみてください。

しかし、観光地に軒を連ねるようなコスプレレンタル着物には酷い店では1年中浴衣を貸しているような店もあるので意が必要です。 着物レンタル安い、着物レンタル早い・・・など、まともに考えれば有りえないような事が観光地では平気で行なわれているのでキチンと着物を着たいと考えているかたには特に気を付けて欲しいと思います。
当店、京都UmeSakuraでは、京都の人からココはまともなレンタル着物とお墨付きを頂く京都人目線の落着いた正統派着物のレンタルを行っております。
詳しくはホームページのプランをご覧くださいませ。
御予約お問い合わせお待ちしております。

 

着物レンタル予約問い合わせ