レンタル着物|季節に合わせた着物で京都観光をしよう


「さらりと着物を着て京都を散策したい」
そんなお悩みを抱えている方も多いのではないでしょうか。
これからの冬の季節に着物は寒くないのか?そんな不安にお答えします。

□冬の着物

冬の着物という特別なカテゴリーはありませんが一般的には着物の種類は裏地の付いた袷の着物になります。また着物自体はあまり風を通さないため、特別に寒いものでもなく洋服とあまり変わる事はありません。
また、洋服と同じく小物や重ね着で工夫するとより温かく、寒さが気にならなくなるでしょう。
そこで3つの寒さ対策をご紹介いたします。

*羽織

着物の防寒対策と言えば羽織で、これは着物の上から一枚羽織るコートやジャケットのようなものになり防寒となります。

また、この羽織のお洒落は冬だけの楽しみの一つで、着物のコーディネートに更に1つコーディネートの楽しさがプラスされるという事で楽しさ倍増・・・毎年冬の着物レンタルにお越しになられるリピーター様もいらっしゃいます。

*インナー

冬の時期は洋服と同じようにヒートテックなどの暖か素材のインナーが役にたちます。胸ぐりの広めのものであれば胸元から見えることもないので普通に着ていられます。

*レギンス・スパッツ

基本的に着物を着用しているときは足首から上は見えることはありませんので、レギンスやスパッツを履くことで下半身の寒さ対策ができます。
ここで注意してほしいことが、地味な色のものを着用するということです。
歩いているときは着物で隠れて見えませんが、階段を上ったり、風が強く吹いた時など、裾がめくれてと中が見えてしまうことがあるでしょう。
そのため、あまり目立たない地味な色を選ぶことをおすすめします。

*ソックス

着物の足元は足袋と草履・・・靴やブーツと比べると覆う部分が無い分どうしても冷えやすい部分ではあります。 足袋の中に指の割れたソックス(五本指ソックス)を履くというのも多く利用されています。 また足裏に貼る使い捨てカイロを御準備される方もいらっしゃいます。

□最後に

今回は冬に向けて着物でできる寒さ対策を紹介しました。
着物は基本枚数は下着以外に着物スリップ、長襦袢、着物と三枚の重ね着になるので比較的暖かいという感想が多く、実際にも思っているより暖かいと思います。しかし体感には個人差もありますし、冬場でも寒暖の差も日によっては大きく差があります。

その日の気温や気候、そして個人の体感で調整をされるのがベストだと思います。

冬には普段公開されていないような社寺仏閣の特別公開が実施されていたり、また比較的1年を通してゆっくりと観光しやすい季節でもあります。 そして着物は冬には不向きというような事も決して無く冬には冬の楽しみかたが沢山あるという事を知っておいて下さい。

【冬のレンタル着物も大人っぽく上品な正統派スタイルを】

着物レンタルUmeSakuraは、京都人から見た京都人目線での上品な着こなしを基本にした着物のコーディネイトを提案しています。
京都らしい街並みにマッチするワンランク上の着こなしをお客様に楽しんでいただいております。
季節に応じた着物を季節毎にセレクトしてご用意しております。

京都でキチンとした着物をレンタルしたいと思う違いの分かるお客様は、ぜひ着物レンタルUmeSakuraをご利用ください。
ご予約お問合せお待ちしております。

着物レンタル予約問い合わせ