レンタル着物|2018年の金閣寺の紅葉の見頃はいつ?


11月!京都の秋は多くの観光スポットが紅葉で賑わいます。
人気観光スポットである金閣寺もその内の1つです。
今回は、金閣寺と紅葉の見頃についてご紹介いたします。

□金閣寺についての豆知識

金閣寺は、日本が世界に誇る世界遺産の一つです。
金色で彩られた外観はとても華やかで、一度見たならば、忘れられない光景でしょう。
ここで、金閣寺についての豆知識を3つご紹介いたします。

*三層構造である理由

金閣寺は一階が寝殿造、二階が書院造、三階が禅宗様仏堂風の造りになっています。
これは、金閣寺をつくった足利義満の考えが表れているのです。
義光が武家の頂点でありながら、公家の頂点でもあることを誇示するために三層構造にしたと考えられています。

*かつて焼失した金閣寺

現在姿を残してる金閣寺は、実は建て直されたものです。
1950年にある人物によって放火されました。
放火した犯人は、金閣寺を放火した理由を聞かれて「美しさに嫉妬したから」と言ったそうです。
人を嫉妬させるほどの美しさをもつ建物なんて感慨深いですよね。
しかし、当時の金閣寺は今ほど金色に輝いておらず、金箔はすでに剥がれ落ちて老朽化が目立つようになっていたと言われています。
それでもその美しさに嫉妬され、放火されたので、更に綺麗な金色になった現在の金閣寺の姿に人々が魅了されているのですね。

*鏡小池

金閣寺といえば、水面に美しく映されている姿の印象が強い人も多いのではないでしょうか。
金閣寺を映すその池は鏡湖池と呼ばれています。
池には、10個の島があります。
島には最大の中島である葦原島、淡路島そして亀島と3つの鶴島があります。
また、池においてある九山八海石は足利義満が船で明(中国)から運ばせたと言われています。
ぜひ、池を見る際は石と島に注目してみてくださいね。

□金閣寺の紅葉の見頃はいつ?

金閣寺は、紅葉の季節に絶対に外せないスポットと言えるでしょう。
金色の金閣寺と紅葉のコントラストは圧巻の景色です。
特に、鏡湖池に写る金閣と紅葉は見とれてしまうほどの美しさです。
そのような美しい紅葉と金閣寺が見られるのは例年は11月下旬~12月下旬です。

今年2018年は二週間ほど早く秋がやってきているそうです!言ってる間に見頃を迎える可能性も有りますが、例年以上に長く楽しめるとの予想も出ています。

□最後に

以上、金閣寺と紅葉についてご紹介いたしました。
紅葉と金閣寺の対比に感動するだけでなく、着物を着てより印象に残る思い出を作ってみるのはいかがですか?
「京都着物レンタルUmeSakura」では、上品なレンタル着物を用意しております。
それぞれのお客様に、京都人目線の落ち着いたランナップと正統派コーディネートの本格派着物スタイルを提案致します。
また、今回ご紹介した金閣寺へもバスで5分、徒歩でも行ける場所にあり、金閣寺近くでは唯一の正統派老舗レンタル着物店になります。
着物を着て京都観光をしたい、素敵な思い出をつくりたい方はぜひ、「京都着物レンタルUmeSakura」へお越しください。

 

着物レンタル予約問い合わせ

 

※当サイト内の全ての写真の無断使用・複製・転用は固く禁止します