嵐山観光は大人の落着いたレンタル着物で「九月のお客様の笑顔②」


大人も楽しめる落着いた正統派レンタル着物UmeSakura、九月のお客様の笑顔の御紹介②です。

残暑厳しい九月、夏着物で嵐山や金閣寺、龍安寺方面へと皆さまお出掛け下さいました。

御利用ありがとうございました。

これから木々も色付き紅葉の季節へと向かっていく京都ですが、嵐山にもここ2~3年で凄まじい数の沢山レンタル着物店が出来ました。

渡月橋界隈や竹林の路、そしてあちらこちらに赤や青や黄色の派手な着物に浴衣のような帯周りのレンタルですっというスタイルの外国人観光客が沢山居ます。

男性のレンタル着物も笑点か?お笑い?と思いたくなるような同様の派手派手着物・・・

それはそれで楽しかったらOKとは思いますが、静かな寺院や落着いたお店でのお食事、そして木々の彩りを楽しむ紅葉に季節などには変に目についてしまうものです。

そして何よりレンタル着物はそういうものというイメージが根付いて普通に大人が京都観光やお出掛けに楽しめるようなものでは無いと思っている方が大半ではないかと思います。

京都着物レンタルUmeSakuraでは正統派の帯周り・・・袋帯か名古屋帯でお太鼓結びが基本、そして帯揚げとキチンとした帯締めを合わせてコーディネートというスタイルです。

御自分でちょっと着物を着てお出掛けしているように見られるのが気分がいいというお客様の感想も多く聞きます。

一見何でも同じように見えるレンタル着物ですが、着物の知識や見る目を持った人が非常に多い京都では見る人が見れば違いは歴然、

せっかくの着物で京都観光、どうせ着るなら大人も普通に楽しめるUmeSakuraの正統派レンタル着物がお勧めです。

 

大人のレンタル着物UmeSakura

落着いたレンタル着物で嵐山

大人の京都観光はを上品なレンタル着物で

京都嵐山観光をレンタル着物で

嵐山観光はカップルでレンタル着物

※当サイト内の全ての写真の無断使用・複製・転用は固く禁止します