残暑の時期の京都観光・嵐山観光には夏単衣の着物レンタルがおすすめ!


9月に入っても残暑厳しい京都嵐山観光、
嵐山には今の時期ならではの楽しみ、かき氷などの冷たい和スイーツや季節限定の楽しみが沢山あります。
「まだ暑いので嵐山を観光するなら、浴衣でOK」と思っている方もいるかと思いますが、やはりお盆も過ぎてもう9月、いくら残暑の京都観光と言えども夏祭りや花火大会と同じ格好ではチョット目に付きます。

そんな時期こそ嵐山を楽しむなら、「夏着物」を選んでみてください。
そこで今回は、残暑厳しい時期の京都嵐山観光にぴったりな夏着物(夏単衣)についてご紹介します。

□夏着物って何?

「着物に夏や冬があるの?」と思った方も多いのではないでしょうか。
普段から着物を着ている人以外は夏着物という言葉自体をあまり耳にしないと思うので、驚くのも当然です。
夏服冬服とあるように、実は着物も季節によって衣替えします。

真夏に冬と同じ作りの着物を着ていたら、暑すぎて生活できませんよね。
昔の人も年中分厚い着物を着ていたわけではないのです。

皆さんが着物と聞いて連想する厚めの着物は、「袷(あわせ)」の仕立てがされた着物だと思っていると思います。
一般的に袷は10月から5月にかけて着用します。
成人式などで着用するものも袷なので、着物といえば袷というイメージが定着しているのではないでしょうか。

6月から9月にかけてはどんな着物を着用するのでしょうか。
6月から9月にかけては、「単衣」という仕立てがされた着物を着用します。
単衣とは裏地を付けない仕立て方法のことをいいます。

そして特に暑さが厳しくなる7月と8月には、単衣の仕立てかつ夏向けの薄い素材を使用した「薄物」という夏着物を着用します。
京都の残暑厳しい夏の終わりにぴったりな夏着物というのは、この夏単衣を中心とした着物のことです。

□夏着物に使われている素材とは

夏着物は単衣という裏地を付けない仕立てにプラスして、透け感のある素材を使った着物であると前述しました。

夏着物に使用されている透け感のある素材とは、絽や紗のことをいいます。
絽や紗はもじり織りという手法で、糸と糸の隙間に隙間を空けています。

もじり織りという独特の手法を使うことで、しっかりとしながら通気性に優れた涼やかな生地に仕上げることができるのです。

□まとめ

今回は、夏の嵐山にぴったりな夏着物についてご紹介しました。
夏用の着物は見た目も着心地も涼しげでありながら上品でキチンとしており、京都の雰囲気によく合うので社寺仏閣の観光やお食事などにもおすすめです。

是非、夏着物(夏単衣)を着て、夏の京都嵐山観光を満喫してくださいね。

 

着物レンタル予約問い合わせ