素材と小物にこだわって涼しげに!暑い夏もレンタル着物で観光しよう!


6月中旬~9月初旬にかけて、着物のレンタルを考えたとき、気になるのは暑さですよね。
夏と言えば浴衣というイメージがありますが、せっかくの観光にはカジュアルな浴衣よりもやはりきちんとした着物の方が上品でお洒落です。

しかし、暑い中着物を着て歩くのは大変ですし、汗でメイクが崩れてしまっては台無しですよね。

そこで今回は、気になる夏の着物の暑さ問題についての対処法をご紹介します。

・夏の着物の暑さ対策

それでは、一体どのような暑さ対策ができるのでしょうか。
ここでは、夏用の涼しい着物を選ぶ方法と、着付けや小物を使って暑さを和らげる方法をご紹介します。

・涼しい素材の着物を選ぼう!

夏には涼しい素材の夏着物を着ることをおすすめします。
代表的な着物の素材に絽(ろ)と紗(しゃ)があります。
どちらも「もじり織」と呼ばれる織り方で作られていて、透け感のある涼しげな素材です。
絽の方が紗よりフォーマルで、結婚式やお茶席などで着られる素材です。

一方、紗はカジュアルからセミフォーマルまで幅広く着られる素材で、絽よりも透け感があります。
このように、涼しげな素材の着物を着ることで、見る人にも涼しさを届けてくれます。

・着付けの小物も涼しげに

着付けの小物の素材にもこだわることで、涼しく着物を着られます。
着物を着るときには、たくさんの着付け小物が必要です。
それらが汗で蒸れてしまうので暑くなってしまうのですが、この素材や使い方によっても暑さは和らげれます。

・肌着に気を付ける

実は、肌着も重要なポイントです。
少しでも身軽にしようという考えから、肌着も着ない方が涼しいのではないかと考えられる方も多いのですが、汗を吸ってくれる肌着は省略しないほうが正解です。

同様に浴衣のほうが涼しいかといえば案外そうでも無く涼しいインナーを着て夏着物を着るほうが快適であったりするものです。

・涼しい小物を持ち歩く

少しでも涼しく感じられるように、涼しい小物を持ち歩くのもおすすめです。
ポケットタイプの保冷剤を持ち歩くと、ほてった体を冷やせるので重宝します。

また、扇子や手拭いなどは見た目にも涼しくおしゃれなので、持ち歩くと良いでしょう。

・最後に

いかがでしたか。
今回は、夏の着物の暑さ対策についてご紹介しました。
着物の素材や小物に気を付けることで、涼しく快適に過ごせます。
暑さ対策を万全にして、夏もおしゃれに着物を着こなしましょう。

京都着物レンタルUmeSakuraでは、夏にぴったりな夏着物のレンタルを行っています。
ご不明な点がございましたらご相談くださいませ。