嵐山で着物のレンタルをお考えの方必見|着物の種類にはどんなものがある?


「京都の雰囲気が溢れる嵐山を着物で散策してみたい!」
このような希望をお持ちの方は多いのではないでしょうか。

しかし着物や浴衣と言っても色々な種類があります。

着物レンタル店が増える一方で季節感がアベコベな着物姿の観光客の姿も目につくようになっています。
今回は季節に合わせた着物とは何が正しいのか、どの種類の着物に該当するのかについてご説明させて頂きます。

〇袷着物

袷着物とは、一般的にはこれが基本となる形式で生地を二枚縫い合わせた裏地のある着物のことを指しています。
この着物の特徴は、なんといっても寒い時期に来ても寒さを感じないという点にあります。
裏地が付いているというだけで、浴衣とは違って透け感が全くありません。そのため、外気を肌に感じることもありません。

また、生地を二枚縫い合わせることになりますから、袖口などをまくった際に表と裏の柄が違っているのを楽しむことができます。

この袷着物を着る時期としては、夏の暑さが落ち着いてきた10月ごろから、春の日差しがきつくなってくる5月ごろまでがおすすめです。

〇単衣着物(夏単衣)

単衣着物は、先ほどご紹介した袷の着物とは違って生地が二枚ではなく、一枚になっているタイプの着物のことを言います。
裏地がない分、軽く暑さを感じることもなく涼しく着物を着ていただくことが可能です。

この単衣の着物は、盛夏を除く6月から9月の期間に快適に着られます。

また真夏の7月~8月には透け感のある素材や織の夏着物、夏単衣の「絽」や「紗」という種類があり通気性も良く夏の観光シーズンをお洒落に快適に過ごせるおすすめな着物です。

また、着物の布が一枚で薄いので、「下着が透けてしまうのではないか?」とご心配になっている方もいらっしゃることと思います。
しかし、ご安心ください。
着物の下には「肌襦袢」「長襦袢」という季節に合わせた素材のインナーを着用しますので下着が透けてしまうというような心配をしなくても大丈夫ですよ。

〇木綿着物

木綿着物の特徴は、洋服感覚でよりカジュアルな雰囲気で楽しむことができるという点にあります。
木綿素材でできていますので、まるでシャツやワンピース感覚で気軽に着物を楽しむことができます。

柄もナチュラルな無地系のものからギンガムチェックや水玉など、着物らしくないカジュアルな模様が豊富にあることでも人気があります。

レンタル感を感じさせない着物で京都の観光を楽しみたいという方は、木綿着物を着て散策をしてみてはいかがでしょうか。
またこの木綿着物が向いている時期は春から夏にかけての時期になります。

今回は、着物の種類を大まかに3つご紹介しました。
季節に合わせた着物をレンタルできるお店を選んで京都観光を楽しんでくださいね。