金閣寺でデートしたい大学生におすすめ|金閣寺の魅力をご紹介


カップルで京都への観光を考えている大学生の方で、どこでデートしようか迷っている方はいらっしゃいませんか?
そのような方にぜひおすすめしたい場所があります!

それは「金閣寺」です。

みなさんも歴史の教科書などで一度は目にしたことがあるのではないでしょうか。
雪景色の中で黄金に光り輝いている金閣寺はなんとも魅力的ですよね。

また、冬でなくとも、いつ見ても金閣寺には他のお寺とは違う存在感があります。
以下では、観光地としての金閣寺の魅力についてご紹介します。

〇金閣寺を代表する豪華な「舎利殿」の秘密とは?

冒頭でもご説明した通り、金閣寺は季節によってその表情を変えるということでも人気があります。

冬景色の中に佇む金閣寺、春に桜に囲まれている金閣寺、秋の紅葉で紅色に染まった金閣寺にはそれぞれに独特の魅力が感じられるはずです。

そんな金閣寺ですが、この舎利殿は3層になっており、一層一層内部の造りが異なることをご存知でしょうか。
このように一層ずつ造りが違っているにもかかわらず、全体として調和が取れているというのは当時の北山文化の特徴の1つだと言われています。

具体的には、1層目には「寝殿造り」が、そして2層目には「武家造り」が適用されています。
そして最後の3層目には「禅宗仏殿造り」が採用されています。

さらに舎利殿の屋根の上には鳳凰が存在しています。
実は舎利殿は一度焼けてしまっているのですが、この鳳凰は焼けずに残っており、その姿を現在の舎利殿の上でも確認することができるのです。

〇龍門瀧の秘密とは?

この舎利殿の後ろには「龍門瀧」と呼ばれる池があることをご存知でしょうか。
これは金閣寺を建てた足利義満が、明のある故事からインスピレーションを受けて設置したと言われています。

またこの龍門瀧の近くには、実際に足利氏自身が茶の湯の際に使用するための水を汲んだとされる泉が存在します。

先ほどご紹介した舎利殿と合わせてこの龍門瀧についてもチェックしておいてはいかがでしょうか。
きっと足利氏が生きていた時代の歴史を感じることができるはずです。

今回は、金閣寺の魅力について2点ご紹介しました。
この他にも金閣寺には魅力的なポイントがたくさんあります。
ただでさえ金色に光る姿が美しいとされている金閣寺なのですから、そのことに加えて歴史的背景を少し勉強してから見に行くと、さらに感動を得られることでしょう。

また、せっかく歴史ある京都にデートで観光に来るのならば、お着物をお召しになって観光を楽しむというのもおすすめです。

カップルで着物を着て金閣寺に行きたいなとお思いになった方は、ぜひUmeSakuraまでお越しくださいませ。